読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この俺を最後まで?

ゲームとか舞台とかコンサートとかの感想。残しておきたいやつ。

推しの役に興奮しすぎている

ネタバレあるようでないようであります。

 

予想外の家庭の事情に見舞われ、名古屋にて東京の妹と合流をし、ここから東京まで新幹線で帰るという妹の発言を聞き、

 

「これ、ついていったら、つむ鴨見れるんじゃね…????」

 

ということに気が付き、唐突にイープラを確認、3日昼公演の当日引換券がまだ残っていることを確認する。クレジット払い限定だったから買ったら後には引けない。悶々と悩み、そして、松田凌のブログに初日の半次郎の画像が上がる。

 

かっこよすぎてぶっ倒れるかと思った。

待ち受けにした。

チケットを買う。

 

そもそも私はつむ鴨には行く気だった。一作目のもののふの白き虎略して、もふ虎をDVDでめちゃくちゃ楽しんでいた勢だったから、もふ虎に行かなかったことをすごく後悔していたし、続編と聞いた時に「行く!!行く!!絶対行く!!」と息巻いた。

ではなぜチケットを持っていなかったのか。松田がいたのに。

 

普通に外れたからだ。

 

なんてつまらないオチ。世の中にはこういう持ってない女もいるのだということを覚えておいてほしい。クレカにしなかったから外れたんじゃないかといまだに思っている。ちょっと逃げ腰だった。松田凌と鈴木勝吾が揃っていることにおびえていた。これも全部薄ミュのせい。だって可能な限りいやな思いなんてしたくないじゃん!!!!

ちなみに外れたのは3日の夜(アフト付き)。結局立ち見で入った。

 

そんなこんなで3日昼公演引き換え番号は2番、実際引き換えた順番は一番。結果J列通路側から3番目。遠い昔、2nd六角公演以来の当日引換券でした。テニスの当日引換券はめっちゃいい席ありますよとアドバイスをくださった当時のフォロワー様ありがとうございました。この中途半端な席は隣に関係者が来るのではと思いましたが、誰も来ませんでした。誰だこの席抑えたの。

 

以下やっと本編の感想。

 

半次郎めっちゃかっこいい。ちょっとよくわからない。 

 

休憩中のツイート↓ 

 

やばい半次郎めちゃくちゃかっこいい

やばいもうめちゃくちゃかっこいいつよいかっこいいすい

すい違う好き

前半でこんなに好きで大丈夫か

 

すでに気が狂っている。

好きって書こうとしてすいになるってどういうこと。

 

昼公演終了後↓

 

流るように当日券に並ぶ

松田まじもう最高だったからみんなこれ見てください

DVDもう1枚買って貸してまわりたい。

メロンパン買ったけど胸いっぱいで全然食べられねえ

 松田いざきくん斎藤くんの土佐が思ってたよりもずっとかっこよくてこれは夢小説が欲しいと思った

半次郎ビジュアルも中身も最高だった。あと山県有朋がすごいいい。松平様はDVDでずっと見てたから本物だーー!感がすごい。たぶん人生で一番薩摩藩に興味がある今

今まで生きてきて新政府側に興味を持ったことがほとんど無かったから今から家帰って日本史の教科書読みたい

てか新政府側の軍服めっちゃかっこいい……(´;Д;`)

昨日の凌くんのブログにも載ってたけど二幕頭の軍服着て髪くくってる半次郎も死ぬほどかっこよかった

でも前編通しての青い着物にロン毛めっちゃかっこいいよ〜〜〜〜好き〜〜〜〜

 

興奮が全く収まっていない。

結局メロンパンは食べた。

 

二回目休憩↓

 

だめだ二回見ても全然落ち着けない新鮮な気持ちで半次郎かっこいい美しい可愛い

 

こいつはなにを言ってるんだ感

 

アフト後↓

 

なんか2階からオペラグラスでガン見したアフトの松田凌めっちゃ顔濃かった。あと昼も思ったけど挨拶の後拍手してるの偉い可愛い。

アフト松田凌レポ今日の好きな台詞「かんべえさんいるんで、『負けたくねえよぉ……』で。まあ負けるんですけどね!!」お前に殺されるからねみたいなこと勝吾くん言う。暗転してもずっと負けたくねえって言ってる。容保様「俺暗転したら移動するんだけど近寄るから段々声でかくなるんだよね」

アフト並びが、山川、かんべえ、半次郎、しんぱち、島田くんで、島田くん喋ってる時、うーん?みたいな顔して顔見合わせてる松田と斎藤可愛かったです。

斎藤くんの「現場からは以上でーす」が可愛かった。

オープニングは基本的に本編中にないシーンなのかな?五稜郭で土方さんが撃たれて死ぬシーン、海外にいるさき、土方さんに羽織り渡す島田くんがあったはず。あと薩摩藩わきゃわきゃの後、大久保利通だけ離れるところ何回見てもコードギアス

薩摩藩可愛いよ……薩摩藩……

半次郎が旧幕府に着くとか言い出して、山県有朋が大久保に刀向けた時の、しんすけとしんぱちと大山が山県有朋に刀向けるところめちゃくちゃ好き。超かっこええ。

かんべえがていじろうとかぎーちゃんとかさだきちの話するところめっちゃ泣けたし、白虎隊の鉢巻持って戦ってるところもめっちゃ泣けたし、お前は羽織りを着ないのかって言われても意地でも西南戦争の間羽織り着ない斎藤一はやっぱり新撰組である自分に対して目を瞑っていたのだ泣ける

最初の「「薩摩だな」」のところ斎藤一と土方さんがまだ仲良しでなんかもうひぎゃーーーーーって感じでもう……もう……あかぬ

伊崎くんのさー、下っ端の役ほんと可愛いよねーー。最高かよーー。はんにいになりたいーーー。薩摩藩の夢小説読みたいーーー。

 

推しの顔が濃いという斬新すぎる感想。

化粧直してきたのかな?

 

 

翌日↓

 今朝起きた瞬間つむ鴨見たの夢だったのかなって一瞬思った。素晴らしすぎて。あんなに好きな推しの役に今後出会える気がしない。あと言い回しが好きだなってもふ虎の時も思った。

「夢、瞑らないまま、マホロバまで。」

半次郎の句で薩摩藩が出陣するところ好き……。推しの掛け声で大多数が動くの見るの好きじゃない人いないと思うけど。

新八と晋介は世が世なら最高のシンメになれたよ……。センターに半次郎入れてトップアイドル目指せたよ。

西南戦争に白虎の鉢巻を持っていった官兵衛と、戊辰戦争に羽織りを着て行った土方さんと対になるのが西南戦争に羽織りを着ない斎藤一であり、瞑るおおかみということなんだよね……

油小路で藤堂を殺したのも、坂本龍馬を殺したのも、武士白虎の世界では斎藤一なんだよな……。藤堂を殺せない島田を叱咤した斎藤一が、会津を捨てようとした土方さんを殺そうとして殺せないの因果だよ……。殺せない挙句生きろとか言われるし……。]

 油小路で半次郎が出てきて音楽変わって、土方さんが出てきてまた音楽が変わるのBASARAみたいでかっこよかった。

 飛べりゃあなんでもいい。せごどんのところまでな。

わっしょいBパロでばっちこい薩摩やろ……せごにい、半さん、晋介、新八、S、S、S、薩摩ー!!!!大久保、大山、としみち、ひとり足りなかった、で、S、S、S、薩摩ー!!!!最後は大久保さんを投げる

 B推しでもいいや……あなたは今日で大久保推し!「おい大久保!!」せごにい推し!「としみちー」晋介推し!「しょ、しょんなことは!」大山推し!「ジュネーブ」\黙れー!!/半さん推し!「夢、まで出来てる」\できてねー!!/

半次郎やってる松田凌の立ち姿がびっくりするほど好みドストライクで好き〜〜〜〜ってなりましたが、そもそも好きだから見に来たのでは

半さんの句でいいでしょってなる薩摩藩半次郎信頼しすぎだし、じゃあ俺の句で行くぜみたいな顔した半次郎が「夢」しか言わないのやばいし、ロウソクを消す半次郎最高だった

いや、もうロウソクをつける半次郎も最高だったんだ。暗闇で見る半次郎最高だった。

油小路の前の晋介待ってる時の半次郎と高台に寄っかかってる半次郎がマイベストオブ美しい立ち姿の半次郎で、立ってるだけなのに花があると感じる半次郎です

あーでも殺陣ほんとすごかったかっこよかった。戦ってる時の普段と違ってイっちゃってる半次郎のしゃべり方もものすごい好き。「なら消し去る」とか「遊郭では-」とかのその辺。イっちゃってるのって大概半次郎一人で戦ってる時で、晋介新八がいるときは冷静なんだな。今気付いた。

大久保さんが薩摩藩士斬って、斬られた薩摩藩士が大久保さんのこと大久保先生って呼んで、大久保さんがその藩士を抱きしめるのめっちゃ単純なシーンなんだけど泣ける

現実の話すると内海くんがめちゃくちゃかっこよかったから、ジャニーズ事務所というものにすごく希望を持てた。こんなふうに歳を重ねるならいいんじゃないかと思った]

主題歌が男になったからかもしれないけど、もふ虎はなんだかんだ女子供の物語だっけど、つむ鴨はおっさん達の話だと思った

だめやっぱ半次郎かっこいい薩摩藩が大久保バンザーイってやるところ男くさくてきれいだと思う。会津藩の宴はやっぱり主軸が女子供に感じる。結局はつむ鴨は薩摩藩会津藩の対比の話で、どっちでもないから斎藤一が主役なんだ……。

薩摩藩のメインはじじいとおっさんで、会津藩のメインは女子供なんじゃないのかなぁ。つまりは松田とつねのりの顔から考えて逆にいた方が馴染むから2人はそこにいて対比される。

新政府軍の制服が赤いから晋介新八の間にいる青い着物を着た半次郎がきれいに見える。好き。

 

ちょっと落ち着いてきたようで冷静な考察を試みている。 

 しかし全く落ち着いていない。

 

次の記事でちゃんと真面目に感想書きます。